力を抜いて深呼吸

ヒーリングスペース スフィアリズムのblog

目の前の扉を開く鍵はあなた自身の手の中に。。。♡

コンニャク湿布

先週山梨でのキャンドルナイトのイベントを終えヘトヘトに疲れ東京に戻ってきてからここ一週間程続けてやってること、こんにゃく湿布。

 
初めて知ったのはもう随分前にアロマトリートメントを習うコースに通った時に先生から教えて頂きました。
アロマトリートメントとこんにゃく湿布は相性イイですと。
それから時々やってたけど、これすごい。
 
これすごく良いんですよ。
自然療法なのですがこんにゃくは毒素を吸い取る成分があるらしく、コンニャク2枚を用意して鍋で10分間煮立たせます。でタオルで包んでまずは肝臓の部分と丹田に置く。そして30分くらいしたら今度は腎臓の辺りに置く。
 
肝腎要というくらいなので。
初めてやって見た時驚いたのは徐々にコンニャクが?というか温めてる部分が熱くなって行く事にビックリ!
だって普通どんどん冷めていくのが常でしょ。なのに熱くなるって???
タオル一枚で包んだ位じゃ熱くて体の上に置いてはおけない程です。
 
タオルは縦に半分に折ってクルクル巻くと丁度コンニャクサイズです。
 
でも終わった後になんだかすっきりするし、翌朝の感じがとても良いのですよ。
 
ただ難点はコンニャク臭いと言うことでしょうか。
 
でも本当に不思議な感覚なのです。
コンニャクは水に浸けて冷蔵庫で保存すると繰り返し使う事ができます。約1週間程は大丈夫です。湿布に使った後は決して食べることは出来ないのでご注意を。
 
コンニャクも質の良いものの方が良いらしいです。
 
これからより寒くなるのでこんなケアで体調管理もいいですよね。