力を抜いて深呼吸

ヒーリングスペース スフィアリズムのblog

目の前の扉を開く鍵はあなた自身の手の中に。。。♡

自分の ” Season  (時期) ” を生きる

今日もブログを覗いて下さってありがとうございます。

台風で大雨ですね。雨の被害が大きくならない事を祈ります。

 

先日私自身が師から言われた言葉、

「人それぞれ生きてる季節が違う」

違うからこそ良いんだって。皆同じ季節だったら面白くないでしょ!って

 

この日本で生きている皆さんとはもちろん同じ季節を生きているのですが

そういう意味ではなく

人生の四季が違うって事です。

 

人それぞれにサイクルがあります。

占星術はそれをデータ的に見せてくれるひとつだなあと思うのですが。

 

今ノリノリな感じの人

あまりうまくいかないと感じている人

こんなものかなと現状維持な感じの人

今からよーーー!!と意気込んでいる人

もうダメだーー!と感じてしまっている人

 

もしもうダメだ!と感じている人がノリノリな感じの人と出会ったり、

身近にいたら

なんで自分はこんななんだーーーー!

ダメな奴だと

自分を卑下 している方いませんか??

きっといますよね?

私も時々陥ります。(^_^;)

私全然ダメ!っと自分をジャッジしまくり、ダメダシ。 

人の畑は良く見えるってパターン。

 

これって人と自分を比較するからですよね。

そんな時思い出してください。

人それぞれ季節が違う

って事を

春の時期を迎えてる人もいれば

夏、秋、冬

それぞれの季節の人がいるって。

もし華やかそうな人がいたとして、仮にその人が春の季節を迎えていたとしたら、

その人は人知れず冬の時期を準備の為に費やしていたかもしれません。

植物もまずは種を撒かなければ、芽が出て大きくならない、

それは撒く時期があって、花が咲く時期がある。

春夏秋冬その種にあった時に撒いて

春夏秋冬その時期が訪れると花開く。

 

自分の季節を知って、その時期にするべきことをちゃんと逃げずにする事!

それが豊かな季節を迎える為の秘訣です。

それは今の自分の季節を知る事でもあり、

次に来るであろう未来に繋げるヴィジョンを持って、今を生きること。

 

そうしたら、次の季節の収穫が今描いているよりも、

もっと大きな収穫を得る事に繋がったりするんです。♪

だからもし、今イケテないな~ と思っている人も

卑下しないでください。

 

旧約聖書 新改訳「伝道の書」 新共同訳「コヘレトの言葉」の中に こんな言葉があります。

(以下は新共同訳「コヘレトの言葉」より)一部です。

 

何事にも時があり

天の下の出来事にはすべて定められた時がある。

生れる時、死ぬ時

植える時、植えた物を抜く時

殺す時、癒す時

破壊する時、建てる時

泣く時、笑う時

嘆く時、踊る時

石を放つ時、石を集める時

抱擁の時、抱擁を遠ざける時

求める時、失う時

保つ時、放つ時

裂く時、縫う時

黙する時、語る時

愛する時、憎む時

戦いの時、平和の時

 ・・・・・・

 

対比した言葉の並びですが、

同じ時期は続かないとも言っているのだと、、

諸行無常を表したような言葉

神様(大いなる者)が決めた時期があると言う一方、自分で判断しなくてはいけない時期(Season)がある。

自分の様々なSeasonを逃さないためにも今を知って、努力する事だと思うのです。

(注:解釈は私の主観的な物です。)

 

人と比べて嘆いている暇は無いのです。(^^)

 あなたが今やるべきことはなんですか?

 

◆ 本気で変わりたい、本当の自分を見つけたいと願うあなたをサポートします◆

* 変容 と目覚め *  ~ 自己回帰 ~  セッション【全4回】

詳細はコチラへ → 

 

 ◆お知らせ◆

個人セッションは随時承っております。スカイプや他のツールでの遠隔セッションも可能です。

 ヒーリングスペース スフィアリズム http://sphere-rhythm.jimdo.com/ 

 

ピピッ!と来るものがありましたらご参加お待ちしています。♪

 

★絵描くワークショップ ~内なる自分に気づいていく~ 

@小竹向原有楽町線副都心線

9/16(水)11:00~14:00

9/20(日)13:00~16:00

詳細はコチラ → 

 

★ワンネス・ヴォイスヒーリング @小竹向原有楽町線副都心線
9/12(日)14:00~16:00
9/25(金)11:00~13:00
*2015年7月より毎月1回行うワークショップとなりました。

詳細はコチラ → 

 

★満月の瞑想会
 9/27(日) 13:00~、18:00~ @小竹向原有楽町線副都心線

詳細はコチラ → 

 


人気ブログランキングへ