読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力を抜いて深呼吸

ヒーリングスペース スフィアリズムのblog

目の前の扉を開く鍵はあなた自身の手の中に。。。♡

セッションで大切にしている事

healing spiritual

今日もブログを覗いて下さってありがとうございます。

暑いですね~。

でも今日は少し日差しがない分過ごしやすいです。

皆さんはどんな暑さ対策されてるんでしょうか?

おススメがあったら教えて欲しいです(^^)

 

今日は私がセッションの中で大切にしている事について書きたいと思います。

 

それは無理強いしない事。

決めつけない。

そんな事当たり前だよっと言われそうです、 でも当たり前じゃないんですよ。

クライアントさん自身も、決めて欲しくて占いやら、ヒーリングセッションやらを受けに行かれる方多いのだと思います。

自分には決断出来ないからカードで占ってもらって、言われた通りにする。

決められない方多いんですよ。

又は楽して決めたい方。(笑)

 

前回気づく事の大切さについて書きました。

その記事はこちらをどうぞ

 

 

私はセッションでこの「気づいて頂く事」も大切にしています。

無理やり気づかせるのでもありません。 

導くと言う言葉もおこがましくて使えません。導いているつもりもありません。

ヒントのような物をお伝えしている感じなんだと思います。

それは決して私個人の見解ではなく、その時々必要なツールを通して必要なメッセージがクライアントさんに私から伝えらえます。

そしてお伝えした言葉はピタッとパズルがはまるような感じで ご本人が答えを導いて行く。

これでスッキリとする方もいれば、又そこで迷いやモヤモヤ、又は向き合わなくてはいけない辛さとかも出てくる場合があります。

 

魔法の杖を振ったら全ての苦しみや、悩みから抜け出した~

なんて事は絶対に無いとは言いませんが、事態によってはしっかり向き合って行かなければ解決しない事は多々あります。

正直言って、私のセッションは受けるだけで簡単に解放できますとか、個人に心の痛みとか発生しませんとは言えません。

 

簡単に解決できる問題もあれば、そうで無い物もあると言う事ですね。

自分が向き合っって納得したからこそ解決できるのですから。

 

例えばチャネリングのセッションをして、クライアントさんに必要なスピリットガイドからのメッセージをお伝えしたとしても必ずこれを実行しなければいけない物でも無いんです。

選択は自分自身なんですよ。

高次元の方がそう言ってるからそうしなければならないと言う事は無い。

全ては今を生きている自分自身なのです。

 

辛くても、辛くなくてもしっかり自分と向き合う事。

それこそがあなた自身を成長させてくれる第一歩なのだと思います。

 

 答えを自分で見つけるお手伝いをしている、あくまでクライアントさん主体

自分で感じて、自分で導き出す、そして自分で癒しを起こし解放していく、そんな事を大切にしてセッションやワークショップを開催しています。

 

明日開催のワークショップ

お絵描きワークショップ 

◆内なる自分に気づいていく インナージャーニー ◆ 
7/29(水) 11:00~14:00 (今後月1回で開催を検討中です。)

詳細は click here → 

 

こちらはまさに自分で導き出す為にはとっても楽しく、答えの見つけやすい内容です

決めつけた言い方をされたり、指示されるのが苦手な方や自分で見つけるのがお好きな方に向いています。

 ピピッ!ときたらぜひご参加お待ちしております。

 

◆お知らせ◆

ヒーリングスペース スフィアリズム今後の予定です。

ピピッ!と来るものがありましたらご参加お待ちしています。♪

 

個人セッションは随時承っております。スカイプや他のツールでの遠隔セッションも可能です。

 ヒーリングスペース スフィアリズム http://sphere-rhythm.jimdo.com/ 

    

  

ワークショップ

お絵描きワークショップ 

◆内なる自分に気づいていく インナージャーニー ◆ 
7/20(月祝)13:00~16:00 <終了>
7/29(水) 11:00~14:00 (こちらも今後月1回で開催を検討中です。)

詳細は click here → 

 

 

★7/31(金)満月の瞑想会 11:00~  19:30~  詳細はclick→ 

 

 

 

★ワンネス・ヴォイスヒーリング @小竹向原有楽町線副都心線
8/12(水) 11:00~13:00 
8/16(日) 14:00~16:00

詳細はclick→ 
*2015年7月より毎月1回行うワークショップとなりました。