読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力を抜いて深呼吸

ヒーリングスペース スフィアリズムのblog

目の前の扉を開く鍵はあなた自身の手の中に。。。♡

未来は過去に勝たなくてはいけない

spiritual

今日もスフィアリズムのブログを覗いて下さってありがとうございます。

 

暑かったですね~。

でもまだまだこの先もっと暑くなるはず(^_^;)

心しておきましょう。

 

今日の夕空も綺麗でした。

f:id:venusbreeze:20160626191512j:plain

夏至過ぎて昼の時間は既に徐々に秋分に向けて短くなっているんですよね。

 

 

突然ですが、わたくし、今現在政治経済的な事には詳しくないです。

今と書いたのは以前証券会社社員だった頃はそこそこ詳しかったんです。

でも先日のイギリスのEU離脱の件、気になります。

 

気になるのはエネルギーの向け方の事なんですが

私の思う事書いてみたいと思います。

 

国民投票の日、宙の星はグランドクロスを形成していました。

だからこうなったと言う方もいるかもしれませんが

それはそれで運命かもしれません。

そして出た結果はEU離脱

多くの報道では大変だと伝えるニュースばかりでした。

もちろん当日の株価や為替は大きく変動しました。

それも多くの人が関わる事、世界を動かす決定事項なので影響して当然です。

 

実際には2年位の猶予期間があるのでそれまでに決定する事になると聞いています。

国民投票も僅差で離脱票が多くて、ほぼ半々状態に近いのに

民主主義的決定としてはこれが優先されます。

また僅差だった場合も再投票はしないと決められていたそうですね。

でも今再投票を願う動きが起こっていますよね。

 

国家レベルの規模が大きい事なので

あちらこちらでいろんな意見があり

個人の事と違って纏まりにくい事も確かです。

 

そこで私が思うのは

 

未来は過去に勝たなければいけない

 

って事。」

これは国の問題だけじゃなくて、個人の問題でも同じです。

どんなに嘆いても私達は過去に戻る事はできません。

今、この時点から未来に向かっていくことしか出来ないはず。

 

そしたら容易くない状況だったとしても

それを力に変えて未来が勝利する事にエネルギーを向けていかなくてはいけない。

 

国家問題は先にも書きましたが

そんなに容易い事ではないかもしれません。

特に個人ではない場合は強いリーダーシップを持つ人も必要でしょうし

集合意識的なエネルギーは大きく影響してくるのではないかと思います。

 

個人だって容易くない事はたくさんあります。

 

でもどんな状況であっても

やっぱり

未来が勝つべき方向を模索しながら生きていかなくてはいけないと思うのです。

 

みんな

未来が今より良くならないと(決定事項)だとしたら

まず活力が生まれないはず。

生きてる意味さえわからなくなる。

そうなってはいけないです。

だから未来が勝つためには今を悲観してばかりはいられないと思うのです。

 

----------------------------------------------------------------------------

 ◆夏至の特別セッション

チャクラエネルギーヒーリング
~声 香 クリスタル そして マナカードと~

じっくり時間をかけてチャクラを整えていくスペシャルなセッションです。

---------------------------------------------------------------------------- 

本当の自分を見つけたいと願うあなたをサポートします

◆*変 容 と 目 覚 め* 自己回帰への旅 全4回  <随時受付>

-----------------------------------------------------------------------------

★7月ワークショップ開催予定★ 

 ◆~エナジー・ヴォイスヒーリング 

7/12(火)12:00~15:00

7/23(土)13:00~16:00

 

◆ ひかりの瞑想会 

7/18(月祝)13:00~【所要時間2時間】

 

個人セッションは随時承っております。スカイプや他のツールでの遠隔セッションも可能です。

 ヒーリングスペース スフィアリズム http://sphere-rhythm.jimdo.com/ 
 
ピピッ!と来るものがありましたらご参加お待ちしています。♪

開催場所は 東京メトロ 小竹向原駅有楽町線副都心線)徒歩8分

こちら↓もポッチっと応援下さると嬉しいです。

人気ブログランキングへ