力を抜いて深呼吸

ヒーリングスペース スフィアリズムのblog

目の前の扉を開く鍵はあなた自身の手の中に。。。♡

脈々とつながる - その3- スピリチュアルな観点から

今日もブログを覗いて下さってありがとうございます。

昨日は節分、今日は立春で獅子座の満月の特別なエネルギーの日です。

立春から一週間はその年の雛形になるのでこの一週間をどのようなモチベーションで過ごすかが大切なんだと聞いたことがあります。

もし困難な問題にぶつかってもそれをどのように感じて、どのように対応して、どう自分が変化したのか、その過程が大切と言う事です。
自分を見つめるのにいい機会かもしれませんね。

さてここから又前回からの続きを書こうと思います。

今回は私の湿疹の出たキッカケ?と思われる事から書きたいと思います。

これはこじ付けにもなるかもしれず、あくまで私の中での関連事項ですのでご了承を。

まずその頃強く当時の仕事を辞めたいと思っていました。おりしも天界ではグランドクロスと呼ばれる星の配置。

辞めたい=自分のやりたい仕事をしたいという思いです。ただ主収入が無くなることへの恐怖と新しい道でやっていけるのかという不安で動けない状態。

例えるなら今までと違うプールのスタート台に立ったものの恐怖感で飛び込めない状態。こんななので日々の生活の中で自分を騙しながら我慢してその狭間でまさにそれがストレッサ―だったのです。

それでもなんとか変わりたいと思っていた私は何かの力をかりて変われたらと思ったのですね。その一つがオーラソーマのボトルを使う事。ずっと手元にあってなかなか使えなったB26 ハンプティ・ダンプティのボトル。色はオレンジ/オレンジ。別名ショックボトルとも言われています。 それをグランドクロスのエネルギーが最も強いタイミングで使い始めました。

 

ちなみにグランドクロスとは4つの星が大きな十字の配置を取りその点と点と結ぶと四角形になる形。それはある意味枠の中に閉じ込める、がんじがらめにすると言う意味が強くあります。ですが逆にそのエネルギーを知っていて坂手にとって自分がその星の力を使うと言う事も出来るのです。それは最も大きな力となって反映されます。

この時私はグランドクロスの星の力をかりなければもう変わることは出来ないのではないと考えました。悲壮感だけではなくこれで変われるのでは??とある意味楽観視していて楽しみでもあったのです。

使ってやる!と思いました。

意図してグランドクロスのタイミングでボトルを使い始めてすぐ、右頬に小さくポチッっと痒みの元が出来ました。初めは吹き出物かな?と思っていたのですが、日々治るどころが少しずつ広がって行き右頬全体的になり腕とか首、手、どんどん痒みが増して、広がり最終的にはプチプチが繋がり真っ赤な肌の状態になったのです。

その後前回も書いた様に病院嫌いの私は自然治癒に任せたい、薬は使いたくないと頑なでした。まず周りにステロイドに嫌悪感を持っている人が意見が多かったことと私自身も無知でただ使いたくない、今行ったら絶対に処方されるし、どうせ使いたくないのだからと日々立つこと3ケ月。

と同時にあるヒーリングセッションを受けました。それはもう辛くて辛くて仕方なくってそれなのに病院も行きたくない、それこそ藁をもつかむつもりで私の師にお願いしました。必ず自分の中に意味があると。

ソウルヒプノセラピーで何故今この状況になっているのかを探っていきます。

この症状が出た意味です。

それは私が顕在意識で感じている変わりたい、別のプールに飛び込めな~いと感じていたよりももっと深か~~く強く湧き上がるように変わりたい!不安や恐怖は手放し新しいプールに飛び込みたいと思っていたのです。

こんなにも変わりたいのかとその思いを体感した私は自分の計り知れない思いに驚いたのです。

普通そこまで聞いたら辞めればいいじゃん、手放せばいい、飛び込めばいいだけの事だと思いますよね。でもそれが出来ない私。

何かのブロックがそこに在るのです。

では何故変われず、ストレスに感じているものを手放せないのかと言うところを次に見て行くのですが今日はこの辺で、その4へ続きます。