力を抜いて深呼吸

ヒーリングスペース スフィアリズムのblog

目の前の扉を開く鍵はあなた自身の手の中に。。。♡

恐怖や不安を上回る事

数年前大好きなハワイ島でイルカと泳いだのです。

ハワイに魅了されてから数回の渡航その度に旅の目的は違っていたけど、どれも突発的に思うことでした。

その年、どうしてもイルカと泳ぎたい!長年の夢を現実にしたい!と思ったのです。

それから当初考えてた予定とは違う感じにはなってしまったけれど、色々なご縁が繋がってその日をむかえました。

その年のチャンスは2回。

船からのアプローチをするツアーと個人で連れて行ってくれる方のアテンド。

初回は船でシュノーケリングポイントに行って何度か海へ飛び込んだり上がったりする感じ。

その途中イルカたちと遭遇する時もあるし、船を止めて遊んだりもするのです。

しかも英語での対応。少しは日本人には慣れてはいるけれどと言う程度。。。

 

日本から紹介されて予約した時にまず英語には自信がない事、泳ぎもそんなに得意!ってわけでは無い事を伝えて「それでも大丈夫ですか?」と聞きました。

「大丈夫ですよ、うちから紹介した方が何人もその船に乗って参加してるので」

と返事が来て、そっか、と少し安心していたのですが

実際その時になってみると、、、、

日本人は私と友人、その他一組のご夫婦の4人。

う~んでも行くしかないし、楽しみなのも嘘じゃない。。そして出発

 

気持ちいいしワクワクだけど、、

 

そのスポットに到着した時にスタッフの人が船から”早く飛び込め”と言う

階段を下りて海へ入って行くのでは無く船の上から飛び込むの。

プールでだって飛び込みなんかした事ないのに、しかも足がつかない所で泳いだ事なんてないのにぃーー。

でもこれ飛び込まないと来た意味がない。

でも不安なので私はビート版を抱えて飛び込んだのです。ビート版持ってても怖かったけどね。

だって飛び込んだ瞬間に手放しちゃうかも?しれないし、、とか

 

でもここで飛び込まなかったら何のために来たのか分からない、イルカと泳ぎたかったしそれが目的なのに。

 

海はメッチャ気持ち良くて深くて海の中の世界はすごく素敵だった。

ものすごい大きなマンタにも出会えたし美しかった。

シュノーケリングも大好きだけど足の着かない海でやったのは初めてだった。

 

と前置きが長いのですが、実はこの時の事を時々思い出す事があって、楽しかったなあ~とかじゃなくて、なんであの時

私は海に飛び込めたんだろうって事なのです。

怖かったし、不安だったのに、何故飛び込めたのだろう??と言うことを考えるのです。

それは前にも書いたけど今やらなくては目的は達成できない、夢は叶わない!

イルカと泳ぎたくて来たんでしょ!という思いの強さなのです。

 

この思いの強さが恐怖や不安よりも上回って夢を現実にしてくれたのです。

 

これって日々の生活にも繋がってますよね。

なんで日々の生活中にこの思いが取り入れられないのかと。。このくらい真剣に向き合って生きていたら出来ない事はないのかもしれないと思うのです。

同じ事を繰り返してしまう日々の中、明日でいいや~とか

どうしてもダラダラになってしまう、そして不安や恐れから逃げて、避けて生きてしまうのが常。

 

私には今向き合っていかなくてはいけない事がある。

不安も恐怖も勿論ある。でもその先には今までに見たことのない世界が広がっている。そのための第一歩を踏み出す事を決めるのは自分。止めているのも自分。

イルカと泳いだ時の気持ちがあったらきっと出来るはず。

 

この船に乗ったツアーは意外と過酷だったのです。

何度も 飛び込め  上がれ と言われ

船上に上がると風が当たって結構寒い。もっと上着持ってきたらよかったと思ったくらい。体力を消耗するのです。

友達とご一緒した日本人の奥様は2回目以降もう飛び込まなくなっていました。船上から見るだけでいいと。

 

私はと言うとここまで来て自分がやりたかった事だから最後まで飛び込もうと思って頑張ったのです。

 

改めてこの時の思いを忘れないようにしようと思うのです。

この時の思いって私が音大に入りたい!って意味もなく思い始めた思いと似ているかもしれない。このくらいの強い情熱ってもしかしたら私の人生の中で共通している2つかもしれないなあと今気が付いた。

 

私を無心にただ動かせる物って好きって思いとやりたいって思いの強さなんだなあ。きっと。

そして今回が3回目のその行動に繋がるのかもしれないなあ。

 

f:id:venusbreeze:20070627031848j:plain

↑この写真遠くの方にイルカちゃんが一頭だけ見えます。

写真全然撮ってなくて、、、残念でした。

 

f:id:venusbreeze:20070627024540j:plain